アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

1/72 攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG ジガバチAV


 攻殻機動隊S.A.C 2nd GIGに登場する海自の艦載攻撃ヘリタチコマのライバル……というより天敵。
 作中では事件の節目、節目で敵側の実働戦力として登場しており、見せ場も多いとは言え、脇役中の脇役なのは間違いなく、これの商品化が発表された時は、ガレージキットならともかく、インジェクションキットで出しても、金型代回収出来ないだろう、と自分の目を疑った物です。

 結論から言うと、その辺は全部杞憂でした。
 まず驚きなのか、完全なスナップフィットだと言う事でしょう。ここまで複雑な構造をしていながら、接着剤を全く必要としません。スパロボシリーズですら、スナップフィットを謳っていながら、実際には接着しないと強度不足に陥る事が多いのに、このキットにはそれが全くありません。
 組み立てにストレスを感じる部分もほとんど無く、サクサク組み立てることが出来ます。

 ジガバチの特徴である尾部のガトリング砲は設定通りに可動。
 複雑なプロポーションも見事に再現されてます。

 差し替えで着陸状態も再現可能。
 同スケールのタチコマ付き。

 関節もある程度可動するので、けっこうポーズを楽しめます。
 足は差し替えでタイヤにする事も可能。




 ディテール等ではタミヤに劣る部分もありますが、キャラクターモデルで、スナップフィットだという事を考えれば、許容範囲と言えるでしょう。文句なしの傑作キットです。
 コトブキヤも、これだけの技術があればアパッチとかコブラも出せるんじゃないか?
 コマンチやニンジャなら面取りも楽だろうし。
 スケールモデルの完全スナップフィットって、凄い需要があると思うんだがなぁ。