アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

S.I.C.VOL.39 仮面ライダーG3&仮面ライダーG4

 S.I.Cを買うのは、実はこれが始めてだったり。
 一応スーパー弁護士目当てにSIC27 仮面ライダーゾルダ&タイガくらいは買うつもりだったんですけど、その後メーカーからサンプル貰っちゃって、結局そのまま会社に放置になっちゃってるんですよね。
 しかし、スーパー弁護士といいこいつといい、本当に重火器型のライダーが好きだな自分。
 さて、G3と言えば仮面ライダー史上最弱。戦闘実力はライダーマンやタックル以下とまで言われたヘタレライダーですが、レスキューポリスブルースワットがやりたかった事を突き詰めてたどり着いた到達点って感じで、自分は大好きです。

 従来のSICと違って、過剰な生物感のような物が無いので、慣れない人でもあまり違和感は感じません。

 GM-01。マガジンとスコープはPVCですが、銃本体はダイキャスト製。銃保持用の手首に変な角度がついているのでポージングでかなり辛い部分があります。

 GG-02。これもランチャーがダイキャスト。

 右手はGS-03、左手はクウガから連続出演のガードアクセラー。
 これで左手にGM-01を持たせればキャプテンスーパーマーケットな感じなんだが、残念ながら銃を持てる左手首が付属していない為、再現不可能。
 そして、これが後々大きな問題点に。

 パーツ交換でG3-Xへパワーアップ。結構様になってますね。
 右足にはGM-01、左足にはガードアクセラー、左肩にはGK-06、そして左手にはアタッシュモードのGX-05。
 ダイキャスト製のGM-01が重すぎてホルスターからすぐ外れてしまうのがなんとかならないものか。

 背中の赤いバッテリーパックを見ると、どうしてもG3MILDを(苦笑

 「ばんごうガちがいマス」ことGX-05を構えたG3-X。
 ギガストリーマーから続く、ポリスヒーロー伝統の必殺武器。
 うおー! 燃える!
よーし、次はGXランチャーに…………あれ? GXランチャーの為にGM-01を固定するピンはあるのに、GM-01が重すぎて、手を離すと外れちゃいますよ? しかも、前述の通り左手には銃をちゃんと保持出来る手が無いので、手で押さえつけて誤魔化す事も出来ないじゃないですか。
 説明書にはさも出来そうな事が書いてあるけど、こりゃ無理だって。
 GX弾は付属しているのに、意味ねぇ。
 くそー、唯一他のライダーに匹敵する攻撃力を持つ武器だと言うのに、そんなにG3が強いのがイヤなのか!(ぉ


 なんとかGXランチャー完成。
 単に自分がS.I.C取り回しのコツを理解していなかっただけっぽいです。すんません。

 ロープアームことGA-04と、GK-06ユニコーン。 

 ここからは同梱されているG4。
 フレームは一緒なので、G4のフレームに転用する事で、作中同様にG3とG3-Xの競演も再現可能。


 GM-01改四式。スコープが見あたらないのは、きっと気のせいです。
 変更点はマガジンの大型化だけなので、銃本体はG3と共用です。その為、一緒に遊ぶときは、どれか1体しかGM-01を持つことが出来ません。Gシリーズの標準兵装とも呼べる物だけに、出来れば3丁、最低でも2丁はつけて欲しかった。

 見た目だけで言えば、仮面ライダー史上最も凶悪な武器の一つ、多目的巡航ミサイル ギガント。
 戦術兵器なのに、携帯用の、しかも巡航ミサイルって一体なんなのよ? とか突っ込んだら多分負け(苦笑
 もちろん、作中でこんなバカデカイ物が、どっからともなく湧いて出たのも突っ込んじゃダメ。
 大きさの割に意外と軽く、携帯や取り回しに問題はありません。よほどGM-01の方が厄介です。
 ミサイルは取り外し可能。

 放送当時、自分の日記*1を見た友人知人から「アギトのストーリーは判らないが、氷川君の動向だけは毎週良く判った」などと言われたくらいG3と氷川君には入れ込んでいたんですよね自分………なんか当時を思い出して懐かしくなってきた(苦笑
 自分が慣れてないせいか、ダイキャストパーツの取り回しに苦戦してしまいましたが、良く出来た一品です。
 ただ、ここまでやるならGM-01を複数つけて欲しかったし、なによりG3マイルド用のパーツがついて無いのが……

S.I.C.VOL.39 仮面ライダーG3&仮面ライダーG4

S.I.C.VOL.39 仮面ライダーG3&仮面ライダーG4

*1:当時はブログなんて無かった