アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HGUC 1/144 ギラ・ドーガ レビュー


 ネオジオン最後の量産機。
 個人的にはジオン系の中で一番、ついでに出渕メカの中でも一番好きな機体。




 ビームマシンガン

 マガジンは取り外し可能


 ビームソードアックスは腰に装着可能

 ビームアックスモード


 ビームピックモード
 何故かビームサーベルモードは割愛。グリップにはサーベルを差す穴すら開いていないので、レズン機には新規でサーベルが付くのか、まさか設計ミスって事は無いよな?

 シュツルムファウスト
 シュツルムファウストが肩パーツに干渉する上にけっこう重く、シールドの取り回しはあまり良くない。

 グレネードランチャー
 シールド裏面の処理にはもう少し気を遣って欲しかった。

 指揮官用頭部

 シールドのネオジオンマークはシール処理。
 他にシールドが使われているのはモノアイだけ。






 名のあるパイロットが誰も乗ってない量産機だけあって、特徴的なポーズが無いギラドーガ。作中でも、シールドを構えながらビームライフルを撃つという地味かつマトモなシーンばかりで、格好いいかもしれんけど無防備なポーズでライフルを撃ったり、狂ったように刀振り回して突っ込んでいく最近のモビルスーツを少しは見習って欲しいですよ?(ぉ
 プロポーションは設定とも作画とも違うHGUC風なんで好みが別れる所じゃないかな。
 ディテールも若干甘めで、関節可動にも若干制約があるので、評価としては及第点、今のHGUCとしてはギリギリ最低ラインと言った感じ。
 なお、膝関節に沿って走ってる動力パイプが装甲に引っかかりやすく、気づかずに関節を曲げると、そのままポキっと逝ってしまうので注意。

 というか、完成直後に関節のクリアランスを確認してたら、いきなり折れた……orz

HGUC 1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)

HGUC 1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)