アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HGUC 1/144 AMS-129 アンジェロ・ザウバー専用 ギラ・ズール レビュー


 今日は機動戦士ガンダムUCから、バンダイ HGUC 1/144 AMS-129 ギラ・ズール アンジェロ・ザウパー専用機のレビューです。

 フル・フロンタルの親衛隊隊長アンジェロ・ザウパーのカスタム機。
 シナンジュを編隊を組む為に、通常のギラ・ズールよりも大幅に推力が強化されており*1、長射程ビームランチャー『ランゲブルーノ砲・改』を装備している。



 一般機との変更点として、襟首への『袖』の追加。

 右肩のシールドをスパイクアーマーへ変更、その上に追加装甲を装備。

 腿スラスターの装甲強化など。

 長射程ビームランチャー ランゲブルーノ砲・改。
 もともとはギラ・ドーガ用の長距離実体弾砲だったランゲブルーノ砲を、ビームランチャーに改造した、貧乏な袖付きらしい兵器。

 上に乗っかっているデカイ奴はプロペラントタンク

 設定ではスタビライザーとなっているけど、形状からするとセンサーユニットも兼ねているのかな?

 給弾ベルト?は軟質素材で出来ているものの、あまり自由度が高くない為、ランゲブルーノ砲本体はあまり動かすことが出来ません。

 シールドはギラ・ドーガ系の物を装備。
 残念ながら、上部が肩アーマーに干渉する為、ポージングは著しく制限されます。

 一般機との比較。
 肩アーマーとバックパックのおかげで、一回り大きく感じます。

 もとのデザインの問題もあるのであまり悪くは言えませんが、もう少しランゲブルーノ砲の自由度があれば遊び甲斐があったのですが。
 ビームサーベルも省略されているんで、遊ぶにしても飾るにしても中途半端な、ちょっと残念な印象を持ちました。
 以上、バンダイ HGUC ギラ・ズール アンジェロ・ザウパー専用機のレビューでした。

HGUC 1/144 AMS-129 アンジェロ・ザウバー専用 ギラ・ズール (機動戦士ガンダムUC)

HGUC 1/144 AMS-129 アンジェロ・ザウバー専用 ギラ・ズール (機動戦士ガンダムUC)

*1:それでも劇中では「3倍」の速度でシナンジュに振り切られてます