アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

ROBOT魂 ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機 レビュー

 今日は機動戦士クロスボーンガンダムから、バンダイ 魂ウェブ通販限定 ROBOT魂 ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のレビューです。

 魂ウェブ通販限定商品。
 通販受付は既に終了しています。

 連邦の青い閃光と呼ばれた連邦軍のエースパイロット、ハリソン・マディン大尉の専用機。
 コスモバビロニア戦争当時に開発されたF91の量産機で、MEPE効果(俗に言う質量を持った残像)を発生させずに最大稼働モードを発動させる事が可能になるなど、運用性などの面で改良が施されているが、通常のパイロットではその性能を活かす事が出来なかった。

 パイロットのハリソン大尉は、オールドタイプでありながらキンケドゥ=シーブックのF91と互角の戦いを演じる程の超絶的な技量の持ち主であったが、不正を許さない強い正義感と、少々特殊な性癖から、スキャンダルを恐れた連邦軍によって退役に追い込まれている。


 傑作の名を欲しいままにするROBOT魂F91のカラーバリエーション。


 カラーリング以外で唯一通常のF91との外見的な変更点である胸部装甲。
 新規パーツのせいか、ちょっと塗装が粗め。

 武装などの装備はF91と同じ。



 最大稼働モード。
 残像を発生させないかわりに、機体への負担が軽くなっているが、実際にこのモードを操る事が出来るのはハリソンのみだった。*1

 ノーマルのF91との比較

 ROBOT魂クロスボーンガンダムX1との比較。
 微妙にX1の方が背が低いです。

 以上、ROBOT魂 ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のレビューでした。

ROBOT魂[SIDE MS] ガンダムF91

ROBOT魂[SIDE MS] ガンダムF91

*1:後に残像を発生させられるようになったが、その際は塗装などの仕様が本機とは異なっている