アオイ模型店(お仕事募集中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は模型関係の就職先を募集中

1/100 SAV-07 ベルグドル(Ver.1P) レビュー


 今日はバーチャロンから、コトブキヤ 1/100 SAV-07 支援攻撃バーチャロイド ベルグドル ver1P のレビューです。

 DNAの第1世代バーチャロイド。性能よりもコストを重視した設計がなされており、従来のバーチャロイドに比べて破格の安さ(1機当たりテムジンの約70%、ライデンに至っては5%)だった反面、性能はお世辞にも高いとは言えず、戦場での評価は著しく低い物だった。



 ミサイル誘導用のセンサーユニットを搭載した結果、異様に巨大な姿となった頭部。
 首が埋まるような構造で、左右にはほとんど動きません。

 Vコンバーターの展開は差し替え式。
 けっこう複雑な差し替えを行うので、この辺のパーツは間違っても接着しないよう注意が必要です。


 両肩のホーミングミサイル。
 けど設定名称はTm-203ロケットランチャーだったりしてどっちが正しいのかよく判らない。

 障害物越えなどトリッキーな攻撃が可能な反面、その馬鹿でかいサイズに比してダメージはイマイチ。

 BB-94グレネードランチャー
 連射は効くので牽制には便利だけど、やはり威力はイマイチ。

 左手は握り拳と平手の2種類が付属。
 右手は武器用のみです。


 腕を上げるとなかなか楽しい姿に。
 運用規則で「転倒の危険があるので、肩は90度以上上げてはいけません」とか決まってそう(苦笑


 いったいどうやって肩のランチャーに収まっていたのか、考えると夜も眠れなくなってしまうホーミングミサイル。


 ランチャーの開閉は差し替え式。
 ここもかなり複雑な差し替えを行うので、この辺のパーツはよく確認してから接着する事をお勧めします。

 ミサイルは取り外し可能。



 OMGの頃はテムジンとベルグドルがメインで、安定した性能を持つテムジンよりも、性能にムラがあるものの、操作感が自分に合っていたベルグの方が撃破率が高かった事も。
 おかげでオラタンでは見事なボック使いに(苦笑
 いやー、何もかも皆懐かしいですなー


 以上、1/100 SAV-07 ベルグドル(Ver.1P)のレビューでした。