アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HGUC 1/144 MS-05L ザクI・スナイパータイプ(ヨンム・カークス機)レビュー


 今日は機動戦士ガンダムUCから、バンダイ HGUC 1/144 MS-05L ザクI・スナイパータイプ(ヨンム・カークス機)のレビューです。

 ザクIの長距離狙撃仕様。
 バックパックを予備ジェネレーターを内蔵した大型の物に、頭部センサーもより高性能な強行偵察型ザクの物と換装する事で、従来のザクでは運用不可能だったビームライフルによる遠距離狙撃を可能としている。
 MSというよりも移動砲台と呼んだ方がしっくりとくる機体ではあるが、連邦軍のMSに対して性能面で対抗が難しくなっていたザクIにとって数少ない現実的な改装プランであり、大戦末期から戦後のゲリラ戦まで、一定の戦果を上げたと言われている。
 ヨムン・カークス機はトリントン基地に対するテロ攻撃に使用された機体で、原作ではガランシェールからコロニーの残骸に降下し、そこから部隊の指揮と遠距離狙撃を行っている。一方アニメではファットアンクル改のカーゴルームから指揮と狙撃を行っている。

 キットはザクIスナイパーのバリエーション。


 中隊長アンテナが追加された頭部。

 表面のボツボツはスペースドアーマーの懸架フック。

 肩の四ヶ所には、ファットアンクルに機体を固定する為のベルトをひっかけるフックが追加。
 このフックは接着が必要なので注意。

 ロケットランチャー・・・・・・ではなく、ビームスナイパーライフルの予備バレルケース。

 バレルケースを固定する都合上、バックパックの形状も若干変化しています。

 ビームスナイパーライフル。




 片膝立ちで狙撃姿勢。


 姿勢安定用の膝パッド。


 旧ザクのキットからずっと付属している旧ザク用ザクマシンガン。
 劇中では出番はありません。

 以上、HGUC ザクI・スナイパータイプ(ヨンム・カークス機)のレビューでした。