アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

メカコレクションNO.20 地球防衛軍艦隊 古代艦 レビュー


 今日は宇宙戦艦ヤマトから、バンダイ メカコレクションNo.20 地球防衛艦隊 古代艦のレビューです。

 正式名称『M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦
 ガミラス艦に対して至近距離からの雷撃など果敢に挑むも、技術力の差を埋めることは出来ず、冥王星海戦では全ての艦が戦没しています。
 ガミラス大戦後も、一部の艦は輸送船などに転用され2220年頃まで使用されている事が確認されています。
 キットは護衛隊長、古代護が艦長を勤めるミサイル艦17号『ゆきかぜ』。

 ノンスケールで全長は約11センチ。


 上下二分割のモナカキット。
 30年以上前のキットなので、分割線を消すどころか、貼り合わせるだけで一苦労。

 上下の光線砲は別パーツではなく船体と一体。

 で、今気がついたんだけど、下部のベントラルフィン?が前後逆だwwww

 ファインモールドのミサイル護衛艦との比較。
 サイズ差は一回り程ですが、お値段はなんと約十倍(発売当時なら19倍)。

 メカコレ沖田艦との比較。
 大きさは同じですが、スケールが異なる為か、古代艦の方が大きく見えます。

 とりあえず、もう少し塗装上手くなろうよ俺(苦笑)
 やっぱ数こなすしか無いなー。

 そんな訳で、今日はメカコレクションNO.20 古代艦のレビューでした。

メカコレクションNO.20 古代艦

メカコレクションNO.20 古代艦