アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

ガールズ&パンツァー 第9話 登場戦車キット一覧

 ここしばらくツイッターの方で、ガルパン放送後に「今週登場した戦車のプラモは、こんなのが出てます」というのをツイートしてたんですが、もっと判りやすくと某方向から突っ込まれたので、ブログの記事にしてみました。
 べ、べつ更新するネタが無いって訳じゃ無いんだからね!
 
■Js-2 スターリン重戦車

 他国の主力戦車が75ミリ〜90ミリ砲を搭載していた頃、駆逐艦並みの122ミリ砲を搭載していた化け物戦車。
 B1やM3を一撃で撃破してますが、実際パンターティーガーでも当たればイチコロ、戦車が耐えても乗員が衝撃で全滅なんて事もあったそうで、黒峰森に勝つだけの実力を持った戦車です。
 キットはタミヤから1/16、1/35、1/48が、イタレリからは1/72が出ています。
イタレリ 7040 1/72 JS-2 スターリン戦車

イタレリ 7040 1/72 JS-2 スターリン戦車

■KV-2 ギガント

タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ KV-2

タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ KV-2

 フラッグ車の護衛についていた、巨大な砲塔を持った戦車。
 152ミリというJs-2を上回る超巨大砲と呆れた重装甲を兼ね備えていますが、西住殿も言っている通り、砲弾の再装填には、マッチョなロシア人が二人がかりでも非常に時間がかかったそうです。
 余談ですが、この戦車は「味方のピンチに試作機をそのまま戦場に投入して大活躍」というアニメのような荒技をリアルでやった事でも有名です。
 キットはタミヤから1/16、1/35、1/48が トランペッター、ズベズダなどの旧共産圏からは1/35や1/72が多数発売されています。
トランペッター 1/35 ソビエト KV-2重戦車 プラモデル

トランペッター 1/35 ソビエト KV-2重戦車 プラモデル

ズベズダ 1/35 ソビエト軍 KV2重戦車 プラモデル ZV3608

ズベズダ 1/35 ソビエト軍 KV2重戦車 プラモデル ZV3608

トランペッター 1/72 ソビエト軍 KV-2 先行量産型 07236 プラモデル

トランペッター 1/72 ソビエト軍 KV-2 先行量産型 07236 プラモデル

■アエロサンRF-8 武装スノーモービル

トランペッター 1/35 ソビエト軍 RF-8 武装スノーモービル プラモデル

トランペッター 1/35 ソビエト軍 RF-8 武装スノーモービル プラモデル

 スノーモービルなんていつ出てきたんだよ?
 と思われるかもしれませんが、降伏勧告の後にカチューシャが寝てた変なベッドが、このスノーモービルの操縦席です(苦笑
 二人乗りの橇に飛行機用の小型エンジンを乗っけて推進式のプロペラで走るという愉快な乗り物だったそうですが、なんでわざわざこんな寒そうなところで寝てるのか良く判りません。
 さすがにこんな変な物を出してる国内メーカーはありませんが、トランペッターとヴィジョンモデルズから1/35のキットが発売されています。
ヴィジョンモデルズ 1/35 ソ連軍 RF-8 Gaz-98 プロペラソリ プラモデル VM-35003

ヴィジョンモデルズ 1/35 ソ連軍 RF-8 Gaz-98 プロペラソリ プラモデル VM-35003

■3号突撃砲F型 ヴィンターケッテ

サイバーホビー 1/35 WW.II ドイツ軍 III号突撃砲F/8型 w/ヴィンターケッテ

サイバーホビー 1/35 WW.II ドイツ軍 III号突撃砲F/8型 w/ヴィンターケッテ

 プラウダ戦で使用されている歴女チームの三突はいつもと仕様が異なる為、再現するにはこちらのドラゴンのキットが必要です。

■三式中戦車

ファインモールド 1/35 日本陸軍 三式中戦車 チヌ プラモデル FM11

ファインモールド 1/35 日本陸軍 三式中戦車 チヌ プラモデル FM11

 本編にもまだ登場していないのに、エンディングで突如登場して視聴者を驚かせた大洗の新兵器三式中戦車。
 火力こそ四号と同程度ですが、防御力は実際に戦車兵として従軍した作家の司馬遼太郎があまりの脆さに呆れたという逸話が残っている素晴らしさ。
 期待の新戦力と呼ぶには不安の残る、いかにも大洗に相応しい微妙な性能の戦車です。
 キットはファインモールドから砲塔が異なる二種類が発売されています。
ファインモールド 1/35 日本陸軍 三式中戦車 チヌ 長砲身型 プラモデル FM29

ファインモールド 1/35 日本陸軍 三式中戦車 チヌ 長砲身型 プラモデル FM29


 余談ですが、三式中戦車は土浦の陸上自衛隊武器学校で常時一般展示が行われており、誰でも見学する事が可能です。