アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HG 1/144 R-17 GAT-X105 パーフェクトストライクガンダム レビュー


 今日は機動戦士ガンダムSEEDリマスターから、バンダイ HG 1/144 R-17 GAT-X105 パーフェクトストライクガンダムのレビューです。

 リマスターから登場した、ストライクのフル装備仕様。
 エール、ランチャー、ソードの3つを、追加のバッテリーパックで運用する強引な仕様で、スカイグラスパーと同時にアークエンジェルに配備されたものの、専任パイロットであったキラ・ヤマトからは「重くて動きが鈍る」「こんなに武器積んでも効率悪いだけ」と散々な評価を受け、実戦使用はパイロットがムウ・ラ・フラガ大尉に交代したオーブ防衛戦以降となった。

 MS本体はHGストライクをそのまま使用、各ストライカーパックはエールストライカーの一部を除き新造パーツです。


 追加のバッテリーパック。

 武装との干渉を避けるため、エールストライカーの下翼は付属していません。

 ランチャーストライクのコンボウェポンポッド。
 赤と黄色のラインはシールで再現。

 ソードストライカーのマイダスメッサーとパンツァーアイゼン。

 マイダスメッサーはビーム刃が付属。

 リード線で発射状態を再現可能。

 対艦刀シュベルゲベールもビーム刃が付属。



 インパルス砲アグニ。
 MGRGに比べて短め?な印象。


 ストライクの可動域の問題もあって、アグニの取り回しはイマイチ。


 ストライクはそのままフルセット付属していますが、各ストライカーは一部パーツが付属していないため、エール、ランチャー、ソード単体で再現することは出来ません。
 せっかくここまでやったのに、勿体無い…………またプレバンかなぁ?

 以上、HG 1/144 R-17 GAT-X105 パーフェクトストライクガンダムのレビューでした。