アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HG 1/144 ガンダム G-セルフ (大気圏用パック装備型)


 今日はḠのレコンギスタから、バンダイ HG 1/144 YG-111 G-セルフ (大気圏用パック装備型)です。

 Ḡのレコギスタの主役マシーン。
 その正体に関しては一切不明。G-セルフという機体名は、海賊が鹵獲した際にアイーダによって名付けられたニックネームで、正式な名称ではありません。
 通常よりも高性能なフォトンバッテリーを搭載しており、他のMSに比べて高い出力を発揮できます。
 パイロットはベリル。アイーダ、ラライヤの3人で、他の人間の操作は全く受け付けません。

 本体はシンプルな構造。
 可動はHGとしては十分ですが、首筋のビームサーベルラックと肩アーマーと干渉するのが難点。
 ラックを接着してしまえば良いのですが、ヘタに接着して今後出る新型バックパックと干渉するのが怖いので、とりあえずは当面様子見。

 頭部の色分けはシールを多用。
 各部の発光部分も、クリアパーツを使用できない場所はシールでカバーしています。


 膝の左右のブロックは可動式スラスター。
 腰の黄色いブロック*1に内蔵されているスラスターと併用する事で、短時間ならばG-セルフ単独で飛行させる事が出来ます。
 キットでも自由に回転させる事が可能です。

 大気圏内用パック。
 後に装備する宇宙戦用パックやリフレクターパックと異なり、G-セルフの純正パーツ。


 主翼は可変式で折り畳みも可能。
 スラスターはエンジンポッドごと向きを変える事で、高い機動性を確保しています。

 昔ながらのメガ粒子式のビームライフル

 純正ではなく、海賊が用意したシールド。
 キャピタルガードな鹵獲した際に破壊されたにも関わらず、キャピタルアーミーがシールドを用意していたところを見ると、この自体のMS用装備として国を問わず普及しているのかもしれません。
 ちなみに、純正シールドはストライクのシールドをデフォルメした物に、連邦軍のシールドを彷彿とさせる十字マークが入っており、いろいろと想像力を刺激してれます。

 急に伸びたり、ビームシールドかわりに使ったりと、大活躍なビームサーベル
 キットには2本が付属。

 手首は右手のライフル用と、両手のサーベル用のみ。

 平手が無いので、∀からの伝統である『あのポーズ』がとれなくて残念。


 翼のパイロンに搭載しているのは、センサーと近接防御火器を兼任したレーザーポッド。

 初回の反応が非常に良かったG-セルフ
 富野信者の面目躍如という感じでしたが、お陰で入荷日に自分の分を買う事が出来ず、ここまで引っ張る目に遭う大事件が。
 ま、それがお仕事ですから仕方ありませんが(苦笑)

*1:RX-78で言うところの、ヘリウムコントロールボックス