アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HG 1/144 ガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パック素組レビュー


 今日はガンダムGのレコンギスタから、バンダイ HG 1/144 ガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックの素組レビューです。

 Gセルフが第1話のキャピタルタワー襲撃や、その後の宇宙艦隊出撃時などに使用している宇宙用バックパック
 元々はアメリアがGアルケイン用に開発したものですが、Gセルフに装備したところ目覚ましい性能を発揮したため、そのままGセルフ用の装備として運用されています。

 キットは宇宙用パック+オプション装備のみで、モビルスーツ本体は付属せず。
 おかげで「ガンダムだけ何機もある」事態は避ける事が出来ます。

 宇宙用パック。コアファイターとドッキングする事で、コアブースター?になる事が出来ます。
 プラグのサイズが同一なので、大気圏内パックを接続することも出来ます。
 さすがはユニバーサル規格(笑)

下側の小型スラスターユニットの分割構造はエールストライクを思い出させます。

 新しく付属したコアファイター

 キャノピーは透明。
 小さいながらも1/144でパイロットも再現されています。

 Gセルフとドッキング。
 専用パックだけあって、バランスもしっかり保たれています。

 バックパックはそれぞれボールジョイントで可動。

 フォトンバッテリーの発光部分も、それぞれクリアパーツで再現されています。

 宇宙用パックに付属する、アメリア製のビームライフルと、トワサンガ製のシールド。

 上がアメリア製、下がGセルフに付属しているトワサンガ純正と思われるビームライフル

 同じく左がアメリア製、右がトワサンガ純正シールド。
 これで装備が揃ったので、OPのシーンを再現できるようになりました。

 設定によれば、もともとGアルケイン用パックとの事なので、装備できるか試してみました。
 とりあえずジョイントのサイズは合うようですが……

 悲しいかな、バックパックの重量を足腰が支えきれてない(苦笑)
 アルケインは変形システムのせいで、どうしても足腰弱くなってしまうので仕方のないところですが、肩ブロックや腰のウイングなどもバックパックと大きく干渉するので、実際に装備しても運用は難しかったかと思われます。

 インパルスのようにGセルフ本体の色が変わってしまうトリッキーパックやリフレクターパックはさすがにキット化は難しいでしょう。
 なによりバックパックを毎週使い捨てるような現状の展開では、他のバックパックが発売される可能性は低いと思われます。

 一応、アサルトパックだけは一応展示がありましたが、実際に出るかどうかは、今後の売れ行き次第ですかね?
 
 
 以上、HG 1/144 ガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パック素組レビューでした。