アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HGBF 1/144AMX-104GG R・ギャギャ 素組レビュー


 今日はガンダムビルドファイターズトライから、バンダイ HGBF 1/144 R・ギャギャの素組レビューです。

 オデッサ学園、チーム北宋の壺のリーダー、サザキ・カオルコのガンプラ
 HGUC R・ジャジャ(未発売)をベースに、有名ビルダーである実の兄から譲り受けたシールド等で強化しており、接近戦だけでなく、中遠距離での高い戦闘力を発揮できます。

 ベースとなった機体より先に改造機が出るのは、無印でクロスボーンガンダムより先にクロスボーンガンダム魔王が発売された例に引き続き、トライでは初のケースになります。

 原型機とはトサカの形状が大きく異る頭部。
 レッドミラージュをひっくり返した感じですね。

 兄から譲り受けたギャンシールド。
 シールドはヴァリアブルポッド+新規パーツで構成されており、高い防御力を持っているようです。
 ギャンとは異なり、ハイドボンブの射出口がミサイルランチャーになっており、かわりにマイクロミサイルが廃止されています。 

 シールドはマジックアームで肩に接続されており、腕よりも自由に動かす事が出来ます。
 シールドや大型の肩アーマーなど、とにかく重武装な為、腕、特に肩の可動域は近年のガンプラの中ではかなり悪い方に入ると思います。

 シールドは、内蔵されたシールドビームカッターとビームソードを使用することで、防御や射撃だけでなく、白兵戦でも大きな戦力となります。
 なお、ビームソードのクリアパーツは2本しか付属していないため、後述のツインビームソードとの併用はできません。

 シールドは、グリップパーツを取り付けることで手持ちも可能になります。


 左腰に下げたビームサーベル
 原型機Rジャジャ固有の装備で、通常のビームサーベルに比べて刃が肉厚になっており、サーベルと言うより段平といった呼び方が似合いそうな雰囲気です。

 ギャン用のビームソードを二本連ねたツインビームソード。
 これじゃギャンじゃなくてゲルググだろう?と突っ込んではいけない(笑)

 ビームソードは分割して1本ずつ持つことも可能ですが、例の専用手首が付属していないなど、意図した構造では無いようです。


 両肩のバインダーに内蔵されたガトリングガン
 ギャンバルカンの肩に載っていた奴と同じものです。

 ビルドバーニングとのツーショット。
 身長差カップルなのは、中の人だけでは無いようですね(苦笑

 腕の重武装が災いして、肩関節の保持力、可動域が共に低く、弄っているとかなストレスを感じます。
 おそらくは今後発売されるRジャジャとの兼ね合いがあるのでしょうが、このキット単体としては残念な部分です。
 
 
  
 以上、HGBF 1/144 R・ギャギャ 素組レビューでした。