アオイ模型店(お仕事募集中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は模型関係の就職先を募集中

HG 1/144  MSAM-034 宇宙用ジャハナム(量産型) 素組レビュー


 今日はガンダムGのレコンギスタから、バンダイ HG 1/144  MSAM-034 宇宙用ジャハナム(量産型) の素組レビューです。

 アメリア国の宇宙戦用量産型モビルスーツ
 地球上で高い運用実績を持つジャハナムに、宇宙用装備を追加した機体で、ベースとなったジャハナム同様、癖がなく、宇宙戦闘に慣れているとは言えないアメリアのパイロット達でも容易に扱うことが出来ます。

 ガンダム世界ではベーシックなザク系の機体。
 ギラ・ドーガを彷彿とさせるデザインですが『ヘルメスの薔薇から引っ張りだしたギラドーガの設計図を、アメリアの技術で再現したらこうなった』みたいな設定なのかも知れません。

 カメラはモノアイではなく、ジムなどと同じゴーグル状。
 白いガイドライン?はシールで再現していますが、綺麗に貼るには若干コツが必要なので、自分のように適当に貼らず、頭部を仮組みしながら慎重に貼りましょう(苦笑)

 最近の重装備傾向に慣れてると、逆に新鮮さを感じてしまうシンプルなバックパック

 手首は武器用の握り手と、平手が左右それぞれに付属。
 一見、手首のボールジョイントが露出しているように見えますが、元のデザインがそうなっているだけです。

 武装状態のジャハナム
 こうして見ると、モビルスーツというより、HALOとかの海外FPSに登場するパワードスーツっぽいですね。

 量産性を重視した無骨なデザインのビームライフル

 トリガーが異様に大きすぎて、キットではグリップをしっかりと握ることが出来ません。
 せっかくトリガーガードに切れ目まで入ってるのに、全く意味が無くなってます。
 一体、どうしてこうなったのやら。

 シールドは肘にボールジョイントで固定。
 若干肩アーマーと干渉しますが、ジョイントのおかげでかなりフレキシブルに動きます。

 シールドの裏側には折りたたんだビームアックスを収納。

 ドライセン並にデカいビームアックス。
 こちらもライフル同様、手首が小さくて、しっかり握れません。




 以上、HG 1/144  MSAM-034 宇宙用ジャハナム(量産型) 素組レビューでした。