アオイ模型店(リハビリ中)

アキバの外れで模型を売ってる人が、プラモについて好きなことを書いてます

HGBF 1/144 アメイジングレッドウォーリア 素組レビュー


 今日はプラモ狂四郎ガンダムビルドファイターズトライから、バンダイ HGBF 1/144 パーフェクトガンダム3 アメイジングレッドウォーリアの素組レビューです。

 三代目名人カワグチの愛機。
 重装甲+重武装だったパーフェクトガンダム1や2に対し、3は肩のバーニアユニットなど機動性重視しているのが特徴。
 オリジナル機がハイパーバズーカ以外は近接戦闘用の内蔵武器のみだったのに対し、アメイジングでは様々な武装を状況にあわせてチョイスする事が可能になっています。

 バックパックには、原型機と同じ右側だけでなく、左側にも武装固定用のアームが装備されています。

 「くち」の無い、特徴的なフェイスパーツ。

 両肩のバーニアユニットは独立して可動。
 見た目と違い肩関節の動きにはさほど干渉しませんが、両方の可動を肩に詰め込む必要性から、肩関節そのものの可動範囲は、最近のガンプラにしては狭くなっています。

 従来の連邦型シールドを小型化したようなシールド。
 ちょっと判りづらいですが、先端部分にバルカン砲が内蔵されています。

 原作でも使われていたハイパーバズーカ。



 アメイジングで追加された各種武装
 これらは、紅ウェポンとして別売りされています。

 接近戦用のハンドガン。

 ハンドガンに銃剣状のブレイドをとりつけたガンブレイド
 ブレイドはロングとショートの2種類が付属しています。
 メイジンはこれがお気に入りなのか、ショートブレイドとバズーカをレッドウォーリアの基本装備にしているようです。


 標準的な性能のビームライフル乙。

 センサーユニットを搭載した精密射撃用のビームライフル甲。

 甲と乙を合体させる事でロングライフルになります。
 この辺のギミックはバスターガンダムを彷彿させます。

 みんな大好きビームガトリング。
 グリップ部分はビームライフル甲と共通で、同じくビームライフル乙と合体出来ます。


 右腕の内蔵式ビームサーベル
 刃は一般的なビームサーベルに比べて短く、ガンブレイドの補助武器的な扱いのようです。

 レッドウォーリアの隠し技、胸部ミサイルポッド。
 アメイジングには、胸だけでなく腰にもミサイルポッドが内蔵されているようです。

オマケとして京四郎君のパーソナルマークシールも付属。

 これがプラモスピリットだァァァァァっ!!
 第1部でパーフェクトガンダムがキット化されないまま終わった時は絶望のどん底な気分でしたが、これで帳消し…………とはまあいかないですが、パーフェクトもフルアーマーもHGで欲しいので(笑)
 レッドウォーリア見てるだけで、脳のいろいろなところがおかしくなってるの自分でも判るくらい高揚してますけどね、今この瞬間も!
 本当、ガンダムじゃなくプラモ狂四郎に弱いなぁ俺ら(苦笑)
 
 
 以上、HGBF 1/144 アメイジングレッドウォーリアの素組レビューでした。