アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HGBF 1/144 ハイモック&モックアーミーセット素組レビュー


 今日はガンダムビルドファイターズトライから、バンダイ HGBF 1/144 ハイモック&モックアーミーセットの素組レビューです。

 かつてガンプラバトルを主催していたPPSE社が開発したオリジナルプラモデル『モック』を、大会運営を引き継いだヤジマ商事が改良を加えて完成させたプラモデル。
 本体には最低限の機能と装備しか施されていないかわりに、パラメーターを自由に調整する事が可能で、ガンプラバトルでは模擬戦やテストなどに使われます。

 ガンプラ史上最もシンプルなデザイン。
 スモーと較べても、めちゃくちゃシンプル。

 左右に回転する頭部のカメラはシールで再現。

 特に凝った関節ギミックは採用していないにもかかわらず、見よこの違和感のない膝立ち。
 シンプル・イズ・ベストってのはこういう時に使う言葉ですね。


 肩、腰、ふくらはぎのカバーを外すと、武器取り付け用のハードポイントが露出します。

 標準装備のビームライフル
 これがキットに付属する唯一の武装になります。

 そしてここからは、モックアーミーセットのビームガトリングガン
 
 グリップは1/144サイズ用と1/100の切り替えが可能。
 モックアーミーセットに付属する武装全てに、同様のギミックが採用されています。

 アックス。

 ゴルデロケットハンマー。


 でっかいプログナヒートカッター。

 こんな形をしていますが、別に刃を発射する武器では無いようです。

 800円という値段はHGクラスのキットでは、ジム系統以来かな?
 武器セットとほとんど値段が変わらないって考えると、これはこれでなかなか凄い。
 ガンプラ慣れしている人なら、30分もあれば組み立て可能なので、劇中みたいに数を揃えて大部隊を編成するのも面白いかも?

 以上HGBF 1/144 ハイモック&モックアーミーセットの素組レビューでした。