アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HG 1/144 CAMS-05 マックナイフ (マスク専用機) 素組レビュー


 今日はガンダムGのレコンギスタから、バンダイ HG 1/144 CAMS-05 マックナイフ (マスク専用機)の素組レビューです。

 キャピタルアーミーの宇宙用モビルスーツ
 エルフ・ブルックの発展型ですが、従来のMSに比べて大型だったエルフ・ブルックとは対照的に、コンパクトな設計の小型機に仕上がっています。

 どこかガトガードを思い起こさせる、MS離れした顔の造形ですが

 装甲を外す、同一人物とは思えないプリチーな素顔がw

 エルフ・ブルックとのサイズ比較。
 ベース機とは思えない程にサイズが異なります。

 だいたいビクトリーと同サイズです。

 独特の構造の為、手首や肘の関節は1軸のみ。
 肩はよく動きますが、手のポージングはかなり制限されます。

 指先には格闘戦用のプラズマクロウを内蔵。
 他に手首のビームバルカンや、脚部のグレネードランチャーなど、主に接近戦用の武器を内蔵しています。

 脚部も股関節は非常によく動きますが、足の先端はご覧のとおりな為、安定性はあまり良くありません。


 長距離移動用ブースターは、バックパックに取付可能。

 ブースターは向きを変えることも出来ます。

 飛行形態へ変形−−−−と言っても、両手両足を広げるだけですが。
 名前は飛行形態となっていますが、宇宙専用の為、実際に大気圏内で飛行できるかは不明。
 どちらかというと、得意の接近戦に持ち込む為の突撃形態のようです。

 ミノフスキー粒子下でも長距離誘導が可能な、ガンダム世界の根底を揺るがしかねないミサイル「フォトンボム」は……なんとも微妙なところに装備。
 さすがは富野御大将といったところでしょうか(苦笑)

 股間が特殊なため、アクションベース用に専用のジョイントパーツが付属。

 手持ち武装が無くサイズも小さい事もあって、素組で1時間半程で完成。
 個性的な関節機構のおかげで、シンプルな構造ですが、なかなか遊びがいのあるキットです。
 なお、キットはマスク専用機となっていますが、ランナー分割は、バララ専用機の発売も考慮されているように見えます。

 以上、HG 1/144 CAMS-05 マックナイフ (マスク専用機)の素組レビューでした。