アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HGUC 1/144 XM-X2ex クロスボーン・ガンダムX2改 素組レビュー


 今日は機動戦士クロスボーンガンダムから、バンダイ HGUC 1/144 XM-X2ex クロスボーン・ガンダムX2改の素組レビューです。

 元々はクロスボーンガンダムの2番機として、クロスボーンバンガードで運用されていた機体ですしたが、パイロットであるザビーネ・シャルの裏切りにより、木星帝国の手に落ちてしまいました。
 原型機のX2は、頭部の形状と機体色以外はX1と同じでしたが、途中でコアファイターが失われたため、コクピットと背中のブースターは木星帝国が独自に開発したものが使用されています。

 キットは魂ウェブ通販限定。
 X1のキットをベースに、新規に5枚のランナーが追加されています。

 普段のウェブ通販限定キットは、ベースとなったキットの説明書+注意書き程度のペラ紙が付属する程度ですが、X2改は専用の説明書が付属する大盤振る舞い。

 X1との比較。
 頭部とブースターの形状が大きく異るのが判ります。
 
 ∨アンテナやバルカン砲などの形状が大きく異なります。

 木星帝国の技術では完全再現出来なかった為、大型化を余儀なくされたバインダー。
 先端部や各部バーニアの塗り分けはシールを使用。

 X1に比べて構造が複雑化しているのが判ります。

 X1改から流用されたシザー・アンカー。

 唯一の追加武装であるバスターランチャーは木星帝国製のみ付属。
 フォーミュラーシリーズから流用したと言われているX2時代のバスターランチャーは付属していません。

 また、バスターランチャー同様、X2のメイン武装であるショットランサーやABCマントも付属していません。
 MGなら、同じ1/100のベルガギロスからショットランサーを流用する事も出来るのですが、1/144ではそれも不可能。
 X2の機体そのものは、X1の胴体にX2改の頭部を移植するだけで再現出来るだけに、X2時代の専用武器が何一つ付属していないのは本当に痛い。

 組み立ては3時間弱。
 バーニア等にシールを多用している為、これまでのクロスボーンガンダムに比べて若干作業時間がかかります。


 本体は特に問題ないのですが、やはりメイン武器であるショットランサーがついて無いのが致命的ですね。
 もちろん、X2がキット化されるフラグの可能性も…………


 以上、HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダムX2改の素組レビューでした。