アオイ模型店(お仕事募集中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は模型関係の就職先を募集中

HGBF 1/144 MS-09R-35 ドムR35 素組レビュー


 今日はガンダムビルドファイターズトライから、HGBF 1/144 MS-09R-35 ドムR35の素組レビューです。

 ゲームなどに登場するランバ・ラル大尉専用ドムをイメージして、ラルさんが制作した専用機。
 バズーカ等の武装は持たず、本来の愛機であるグフと同様に格闘戦を重視した仕様になっています。

 多数のバーニアと角ばったアレンジは、火星独立軍オールズモビルの機体を連想させます。

 アンテナ付き頭部。
 左胸のバーニアの裏側には、拡散ビーム砲が見えます。

 攻防一体の多目的シールド。
 色の薄い部分はシールを使ってます。

 盾の前半分を折り曲げるナックルガード兼格闘戦用スパイク。

 またシールドの裏側には、唯一の飛び道具としてマシンガンを内蔵しています。

 肘と膝に内蔵された隠しクロー。
 膝はともかく、肘はシールドがあると使えないので、本当に最期の武器という感じです。

 メイジンのレッドウォーリアと激しい鍔迫り合いを演じたヒート剣ですが、なぜかキットに付属していないので、ここではグフR35の物を流用しています。

 スカートのブースターはアームでフレキシブルに可動。

 脹脛のブースターも広く可動。これらによって、従来のドムとは比較にならない機動性を発揮する事が可能になっています。
 反面、可動部分が多いせいで足腰の関節強度は最初からかなり低め。
 特に足首はかなり弱く、直立させるにも多少コツが必要なレベルです。

 ヒート剣が無かったり、重量級なのに関節強度がイマイチだったりといろいろ残念なキット。
 グフR35の出来が良かっただけに残念感が倍増なんだが、ランナーやパーツ分割見ると、他のドム系への流用を意識していて、なんとも言えない不安感が……


 以上、HGBF 1/144 ドムR35の素組レビューでした。