アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

タミヤ 1/35 マチルダII歩兵戦車Mk.III/IV 聖グロリアーナ女学院仕様劇場版


 今回使用したキットは「タミヤ 1/35イギリス歩兵戦車マチルダIIMk.III/IV」
 タミヤのマチルダは絶版になった旧キット(No.24)と現行販売されているリニューアル版(No.300)の2種類がありますが、TV版は旧キット、劇場版はリニューアル版を作画モデルにしている可能性が、以前アーマーモデリング誌で指摘されており、今回の劇場版ではリニューアル版を作例に使用しています。
 テレビ版との相違点は
1.左側前照灯を削除。操縦手席の形状変更。正面の校章が一回り大きなものに変更。
2.機銃冷却水排出口の削除。防盾横にボルトを追加。砲塔天板全体に継ぎ目を追加。
3.側面や砲塔に描かれていた車体番号ならびに車体後部の校章を省略。
 M3リー程ではありませんが、劇場版登場車両の中では変更点が多い方です。
 塗装はクレオスのダークイエローしましたが、実際に完成してみると、タミヤのライトサンドの方がイメージに近かったかなと若干後悔。
 デカールガルパンデーカルを使用。前述の通り正面の校章が大きくなっているので注意して下さい。

 主な改造ポイントは
1.右側のライトボックス(D29.30)を左側(D27.28)と同じサイズにする(部品請求するか複製する)
2.エンジン上のフック(D20.21.26)、ワイヤーロープ(A22他)その他(D3.4.11.18.25.34.53.61)は不要
3.バール(D22)クリーニングロッド(D23)は設定に合わせて形状を変更する
4.主砲砲身は(D14)を選択 
5.(C6)の形状が設定と異なるのでプラ板等で補正。ただし、ヘタに弄ると砲身の上下可動に差し障るので注意。
6.ペリスコープカバー(A8)は砲塔上面のみで、ドライバーズハッチ(C4)とキューポラ(D54.56)にはとりつけない
7.フック(A3)およびスモークディスチャージャーは5ミリ程度高い位置に取り付ける
8.砲塔上面装填手ハッチ(D69)の前にある四角いモールドを削り取り、長方形状のパーツをプラ棒等で自作して取り付ける
9.シャックル(A7)はキット付属のものと形状が異なるので、他のキットから流用する。
 の9箇所です。

 やっかいな改造こそ無いものの、細かいところをかなり弄る必要があるので、軽い気持ちで手を出すと痛い目見るパターンですね。

MM マチルダ

MM マチルダ