アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

1/35 IS−2 スターリン プラウダ高校仕様 劇場版


 エキシビション、全国大会と常に複数の戦車を屠ってきたプラウダのポイントゲッター。
 大学選抜戦ではカチューシャの盾となり、2両相打ちながら早々と戦線離脱しますが、敵の攻勢を食い止め、戦線を立て直す貴重な時間を稼ぎ出しました。
 その122ミリ砲は、装甲を貫通しなくても衝撃だけで重戦車を吹っ飛ばすと言われるほど強力なものですが、命中精度はあまり良くなく、そんな砲を使って敵車両を次々と撃破するノンナの技量の高さが伺えます。
 なお、劇場版に登場する社会人チーム「くろがね工業」も、IS−2を複数使用している事が確認されています。

 今回使用したキットは「プラッツ 1/35 IS−2 プラウダ高校
 あまり評判の良く無いキットが多いガルパン公式キットの中にあって、このキットだけで必要なパーツが一通り揃う大変ありがたい一品です。
入手の容易さではタミヤから出ている1/35JS-2の方に軍配が上がりますが、あちらは砲塔防盾をかなり弄る必要がある為、工作には多少の技術が必要になります。

TVシリーズからの変更点

  • 砲塔後部に機銃を追加、ラジエターグリルの形状変更、ワイヤー留め具の追加。
  • 予備履帯は全てセンターガイド付きに変更
  • 砲塔の校章はTV版の冬季迷彩よりも小さなものに変更

■主な改造ポイント 

  • ラクション(A18)電話ボックス(A11)スコップ(A10)キューポラ上のペリスコープ(B11)は不要
  • 車体前部縁部のフェンダー、ならびにフェンダーステーの形状修正
  • 操縦席(D18)の上にプラバンでクラッペ?を追加
  • ノコギリ(A17)は取り付け金具だけを残して刃の部分は削り落とす
  • 尾灯(A5)は左側に取り付ける
  • 吊り上げ用リング(B20)は一部不要。設定資料などで確認しながら取り付ける
  • 砲身基部(C6)を(C4)に変更。この際(C4)の横幅や覗き穴の位置などを修正する
  • 車体前部の予備履帯は全て(Z)にする