アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

地球連邦主力戦艦ドレッドノート級セット1 レビュー

f:id:type97:20190303195037j:plain

地球連邦宇宙軍が誇る波動砲搭載型戦艦。

旧作では35隻強が建造されたといわれていますが、2202では数千、もしかしたら数万隻が大量生産され、ガトランティス戦に投入されました。

セット1はネームシップドレッドノートと地球防衛戦線塗装の2種類が付属。

f:id:type97:20190303200039j:plain

ネームシップドレッドノート。このキットだけ、デカールに艦名が付属しています。

メカコレサイズでヘタな塗装をすると、細かいディテールの類が潰れてしまうのをアンドロメダで味わったので、今回は成型色を活かす方向で製作。

f:id:type97:20190303200401j:plain

艦首波動砲と艦底部スリットのライトグレー部分は別パーツですが、後部補助エンジンとタンクのライトグレー部分は別パーツではないので、マスキングして明灰白色で塗装。

エンジンのスラスター部分はつや消しブラックを吹いています。

その他、艦橋等の赤い部分は面相筆で塗っています。

f:id:type97:20190303201214j:plain

国籍マークは水転写デカールデカールトップコートで保護した後、黒とグレーでスミ入れして、もう一度トップコートを吹いて完成。

乾燥時間も含めて1週間くらい。

接着する必要があるパーツはなく、接合面も組み上がると綺麗に隠れてしまいます。

砲塔は旋回可能ですが、力の入れ方を誤ると砲身がポキっと逝きそうなので注意。

f:id:type97:20190303201714j:plain

こちらは、物語後半で主力となった地球防衛戦線仕様。

この頃になると、数が多すぎたのか、艦名や艦籍番号の類は確認できません。

船体はドレッドノートと同様に成型色をそのまま。赤い部分は家にあったキャラクターレッドを使用しましたが、もしかしたらモンザレッドの方が良かったかも。

f:id:type97:20190303202328j:plain

濃紺の船体に赤が上手く乗らないのですが、メカコレサイズでヘタにサーフェイサーを吹くと塗装面が厚ぼったくなるので、根気よく重ね塗りするのが吉。

f:id:type97:20190303202932j:plain

旧主力戦艦とのツーショット。
全長で2/3くらい、昔の護衛艦とほぼ同じ。昨今のインフレを考えても、かなり小さめですが……

f:id:type97:20190303203306j:plain

アンドロメダと並べると、ちょうどよいサイズになります。

 

1/1000でこれを揃えるのにかかる手間と金を考えると有り難い。

f:id:type97:20190303204523j:plain

浮かべる城ぞ頼みなる♪

以上メカコレ ドレッドノートセット1でした。