アオイ模型店(お仕事募集中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は模型関係の就職先を募集中

HGAC 1/144 XXXG-01SR ガンダムサンドロック

f:id:type97:20190924211739j:plain

今日は新機動戦記ガンダムWから、HGAC 1/144 ガンダムサンドロックです。

f:id:type97:20190924212036j:plain

オペレーションメテオの為に開発された5機のガンダムのうちの1機。

強靭な装甲と大型のヒートショーテルを用いた白兵戦を得意としますが、火器は頭部バルカンと肩のミサイルのみで、砲撃戦はマグアナック隊が担当します。

他のガンダムが単機での運用を前提としているのに対し、サンドロックは集団戦闘を意識した指揮官機として設計されており、その高い指揮通信能力は、直属のマグアナック隊をはじめ、他のガンダムとの連携などで遺憾なく発揮されました。

パイロットはカトル・ラバーバ・ウィナー。

f:id:type97:20190924213310j:plain

オリジナルデザインに比べて、シャープなアレンジがなされている頭部。

カメラアイ、額のセンサー、胸の発光部分はシールを使用しています。

f:id:type97:20190924213643j:plain

エチオピアの伝統的な武器であるショーテル。

独特な形状のため非常に扱いにくい反面、極端に湾曲した刀身で盾の後ろに隠れた敵を切りつけたり、引っ掛けて引きずり倒すなど、使いこなせれば大変強力な武器になったそうですが、劇中では敵のモビルスーツを次から次へと一刀両断にしていった為、その特性を活かす機会はありませんでした。

f:id:type97:20190924214511j:plain

手首はヒートショーテルにも使える一般的な握りこぶし、親指を立てたヒートショーテル専用手首、それに平手の3種が付属。

f:id:type97:20190924214658j:plain

ヒートショーテルは赤熱化状態を再現したクリアレッドの刀身に差し替えることも出来ます。

f:id:type97:20190924215131j:plain

バックパックにシールドとヒートショーテルを組み合わせた必殺兵器「クロスクラッシャー」

発射するとすべての装備を失ってしまう、かなりリスキーな兵器ですが、劇中ではリーオー相手にぶっ放したりしてます。

f:id:type97:20190924215755j:plain

シールドは背中に装備する事も可能。

赤い「目」の部分はシールを使っています。

f:id:type97:20190924220034j:plain

ノーマルのマグアナックとパチリ。

1/100が出ないなど、ヘビーアームズと並んで扱いの悪かったサンドロックEWの時サーペントと並ぶ二大売れ残りキットとして名を馳せるなど、けして人気のある機体とは言えなかったのですが、ウイング系についでガンダムとしては2番手の大抜擢。むしろ、マシンガン付きの宇宙用をちゃんと出てくれるか不安になるわ(笑)

組立時間は約2時間。

奇抜なギミックや装備がないので、気楽に作ることが出来ました。