アオイ模型店(お仕事募集中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は模型関係の就職先を募集中

HGUC 1/144 AMS-129 ギラ・ズール レビュー


 今日から通常更新に戻ります。
 今回は機動戦士ガンダムUCから、バンダイ HGUC 1/144 AMS-129 ギラ・ズールのレビューです。

 ネオ・ジオンの主力MSギラ・ドーガのアップデート機。
 使用者であるネオジオンが、かつてのようなMS運用能力を既に失っている事を考慮して、新機軸の導入などはせず、ギラドーガをベースにした手堅い設計を行う事で、運用現場での負担を減らす工夫がなされている。
 機体名が「××ドーガ」では無いのも、ギラドーガの後継機である事を意識したもの思われる。
 まあ、どこぞのアレみたいに、メラドーガとかバギドーガとか名付けられちゃうよりはマシですけどね(苦笑

 ギラドーガに比べてスリムなボディ。

 後から見ると「ああ、ザクだなぁ」って感じがしますね。

 頭部のフリッツヘルメットは指揮官用アンテナ付きとのコンパチ。
 口の部分はガスマスクをイメージしているのかな?

 StG44風のビームサブマシンガン
 ギラドーガの時はPPSh-41風だったのに、どちらかと言うと、リ・ガズィカスタムのビームマシンガンとの繋がりを感じるデザインに。
 グリップ下についているのはグレネードランチャー

 腰には予備のEPAC。

 シュツルム・ファウストRPG風にバージョンアップ。

 シュツルムファウストの下にはビームホークと、ポテトマッシャー型のハンドグレネードが2発。

 武装を全て取り外した状態のウェポンラック。



 ハンドグレネード

 ビームホーク

 全てのオプションパーツを取り除くと、旧ザクを思わせるシンプルな姿になります。



 ギラ・ドーガも加減ドイツ臭かったですが、今回は露骨なまでにドイツ趣味を隠そうともしてませんね。
 ギラ・ドーガのドイツ臭は出渕裕の趣味でしたが、今度は一体誰の趣味なんだろう?

HGUC 1/144 AMS-129 ギラ・ズール (機動戦士ガンダムUC)

HGUC 1/144 AMS-129 ギラ・ズール (機動戦士ガンダムUC)