アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HG 1/144 GNX-Y903VW ブレイヴ 指揮官用試験機 レビュー


 今日は劇場版機動戦士ガンダムダブルオーから、バンダイ HG 1/144 GNX-Y903VW ブレイヴ 指揮官用試験機レビュー

 ジンクスの後継機として地球連邦軍が開発中の新型可変モビルスーツ
 ユニオン/AEU系の技術者を中心に開発が行われており、スサノオの運用データをベースに、イナクトなどと同じ可変機構が組み込まれている。
 変態仮面グラハム・エーカーの駆る指揮官機は、一般機と異なり2機の太陽炉を搭載しており、より高い出力を発揮出来る反面、操縦には高い技能が必要とされる。

 今までの黒好みから、青系に乗り換えたグラハムくん。

 背中は太陽炉ではなく、左右にぶらさがった腰のバインダーに1機ずつ疑似太陽炉が搭載されています。

 一般機に比べて大きめのアンテナ

 マスラオに搭載されていたのと同じエネルギーケーブル。
 常時剥き出しだったマスラオと異なり、こちらは頭部内に巻き取り可能。

 疑似太陽炉を搭載したサイドバインダー。
 先端部分にGNキャノンとGNビームサーベルを内蔵し、ディフェンスロッドとしても使う事が出来る汎用兵装ユニット。

 キットでは再現されていませんが、フラッグ同様脚部にミサイルやグレネードを搭載可能。

 GNビームライフル「ドレイクハウリング
 強力な反面、連射が効かないのが弱点。

 先端部を開いた発射形態

 取り回しを良くする為、バレルを取り外す事も可能。

 グリップと一体でクリアパーツはありません。

 飛行形態へは差し替え無しで変形が可能。
 手足の配置等は、フラッグの時代よりも洗練されていますね。


 機首のドレイクハウリングと両翼のGNキャノンを同時発射するトライパニッシャー
 スサノオに搭載されていた物の発展型で、ブレイブの最大火力ですが、粒子消費量が桁違いに大きいという欠点があります。

 劇中見せ場連発、勿体ぶってなかなか出てこないクアンタよりも、余程大活躍だったブレイブ指揮官機。
 グラハムの熱い思いに比べ、刹那君のあまりの素っ気なさに全世界のフラッグファイターが泣いた最後のシーンは劇場版最大の見せ場と言えましょう(笑)


 以上、HG 1/144 GNX-Y903VW ブレイヴ 指揮官用試験機のレビューでした。

HG 1/144 GNX-Y903VW ブレイヴ 指揮官用試験機 (機動戦士ガンダム00)

HG 1/144 GNX-Y903VW ブレイヴ 指揮官用試験機 (機動戦士ガンダム00)