アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

ハセガワ MT42 1/72 ドイツ 4号戦車F2型レビュー


 今日はハセガワ MT42 1/72 ドイツ 4号戦車F2型のレビューです。

 イギリスのマチルダ*1T-34*2の高い防御力に手を焼いたドイツ軍が、従来の短砲身砲にかわり、より貫通力の高い長砲身砲を搭載した新型4号戦車。
 大幅に向上した火力と機動力を武器に大きな戦果をあげ、連合軍からは「マークIVスペシャル」と呼ばれ恐れたと言われています。

 プラウダ戦では、ほぼF2型に準じた仕様の4号をあんこうチームが使用しています。
 現状、国産ではこのハセガワ製1/72以外にはF2型のキットは存在しません。
 海外では1/35がドラゴンとイタレリから、1/76がエアフィックスから、国内でもクレオスが1/35を発売していましたが、現在ではどれも入手が著しく困難です。

 車体は全体をジャーマングレーで塗装しています。
 ガルパンは複雑な迷彩を施していない車両が多くて助かります*3

 大洗の校章とあんこうマークは月末のデカール待ち。


 砲塔は回転可能。
 砲身も上下可動が可能ですが、安定性がイマイチですぐに垂れ下がってしまうので、今回は固定してあります。

 劇中設定通り、側面の砲塔クラッペを削除。
 他にも側面には予備転輪等が追加されているのですが、流用パーツが付属しているG型のキットが長らく再入荷の見込みが無かった為断念。

 はじめてウェザリングマスターを使ってみたんだけど、これ便利だけど使うのにコツがいるなぁ。
 もう少し精進しよう。

 東京は久方ぶりの積雪だったので……

 撮影している間に、どんどん暗くなってったけど、こっちの方がプラウダ戦ぽくて結果オーライ。

 このF2型は、入手しやすく低価格なので、戦車道初心者にはお勧めのキットです。
 国産なので、組立のハードルもそんなに高くないですし。
 いきなりプラッツのキットに挑む前に、この辺で練習しとくのも良いですよ?


 以上、ハセガワ MT42 1/72 ドイツ 4号戦車F2型のレビューでした。

*1:グロ女の主力戦車

*2:プラウダ主力戦車

*3:作画上の都合もあるのでしょうが、迷彩しなくて済むだけで製作の難易度もグっと下がります