アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

1/72 M3スチュアート軽戦車 ガルパン仕様


 第二次世界大戦初頭に米軍が開発した軽戦車。
 その名の通りM2軽戦車の発展型で、ヨーロッパ戦の実情を反映して、主に装甲が強化されています。
 とはいえ、所詮は軽戦車。多少の装甲強化程度ではドイツ軍の主力戦車に対抗する事は出来ず、M4シャーマンの生産が本格化すると、偵察などの任務に回されるようになりました。
 一方で、機甲兵力が脆弱な日本軍相手には十分な性能を持っており、戦場で鹵獲されたM3スチュアートをして「日本軍最強の戦車」というジョークがある程です。

 初登場はOVA第1話の所属不明校の戦車。リボンの武者第1話でも所属不明の生徒が使用していますが、こちらは派手なハートマークが入っています。 
 劇場版では知波単生徒のセリフから聖グロリアーナが所有している事が判明。月刊戦車道の説定ではサンダースや知波単学園も所有しています。

 劇中に登場するのは、七角形の角ばった砲塔が特徴の初期生産型のうち、溶接式砲塔を搭載したタイプと思われます。
 作例で使用しているキットは「ハセガワ 1/72 M3リー」
 初期型砲塔を再現したキットは、この1/72以外にと韓国のアカデミー製1/35 M3スチュアート「ハニー」がありますが、アカデミーのキットは国内での入手が現在困難な為、事実上選択肢はコレしかありません。
■主な改造ポイント

  • ジャッキ台(20)、テント(36)は不要
  • 機銃(24)は切り落とし、台座だけ残す。
  • 車体(1)の斧やレンチのモールドを削り落とす。
  • 操縦席の左右にある機銃用開口部の蓋をプラ板等で再現する