アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダムX1改 素組レビュー


 今日は機動戦士クロスボーンガンダムから、バンダイ HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダムX1改の素組レビューです。

 腰のシザー・アンカーをスクリューウェップに変更した現地改修機。
 武装以外の変更点はなく、機体性能の変化もありません。

 ベースとなったX1に、前述のスクリューウェップに加え、シザー・アンカーとABCマントを追加。
 ABCマントはポリエチレン製。これにより、X1のフル装備を再現する事が可能となりました。

 X1とX1改の比較。
 前から見ると違いはありません。

 後ろから見ると、腰のアーマーが僅かに異なるのが判ります(判りやすいよう、ブースターは取り外しています)
 右側、腰アーマーが僅かに細いのがX1改です。

 実機では、X1改になった時点で取り外されたシザー・アンカー。
 キットとしては今回初めて実装されたのはなんとも皮肉。
 ノーマルの腰アーマーと差し替え式で、チェーンはリード線で再現しています。

 シザー・アンカーにかわって、X1改から装備されたスクリューウェップ。
 先端がクローになっているシザー・アンカーのような汎用性は無いものの、ドリル状の先端部は高い貫通力を持ち、チェーンのリーチもより長くなっています。
 こちらもチェーンはリード線を利用しています。

 本来X1に入れておくべき装備であるABCマントやシザー・アンカーをあえて今回同梱にしたのは、スクリューウェップ追加だけで商品化は辛いという判断があったからでしょうか?
 それなら最初からMGクロスボーンみたいに、X1、X1改、X1改・改のコンパチにしてもバチは当たらなかったんじゃないかな?
 
 
 以上、HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダムX1改の素組レビューでした。