アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

宇宙戦艦ヤマト メカニカルコレクションPart.4 レビュー

 メカコレ宇宙戦艦ヤマト、俗に言う¥100ヤマトプラモとほぼ同サイズという事で、意外とプレイバリューがあるこのシリーズも、いつのまにやら第4弾。
 さすがにネタに詰まってきたか、今回はかなりマニアックなラインナップで攻めてきました。

 お約束のヤマト。
 カラーリング等からすると、竣工時の物ですね。

 砲塔は旋回可能。
 やはりヤマトはこの構図が一番燃える。

 ヤマト艦載艇セット。

 シームレス戦闘機

 特殊探索艇

 100式探索艇の3種。

 ガレージキットを除けば初商品化?な、初代デスラー艦。
 「こんな事もあろうかと」で有名な空間磁力メッキで撃沈された艦ですね*1

 おまけのガミラス戦闘機。他の艦載機の例に漏れず、サイズはかなり大きめです。

 「あれは、デスラー戦法!」というドメル将軍の立場がないセリフで有名な2代目デスラー艦。

 これも初商品化かな?の、シュルツ艦。
 空母と駆逐艦が主力を占めるガミラス軍にあって珍しい大型戦艦です。

 後のSFに多大な影響を与えた超兵器、反射衛星砲と反射衛星。
 どこぞのシリーズみたいに、シリーズ名を『フリートコレクション』とかにしてたら、ちょっとラインナップし辛かったでしょうね。

 なんかエロース(笑

 反射衛星

 ガミラス軍の中核をなすガミラスデストロイヤー。
 3隻で1セット。サイズ的には艦載機と同レベルですが、設定上では72m*2なので、同シリーズのデスラー艦やヤマトと比較した場合、ほぼ忠実なスケールという事になります。

 ガミラスクルーザー。
 これも3隻1セット。微妙に砲配置等が異なっていますが、見た目は作画ミスなんじゃね?程度しか違いがありません。

 ミサイルデストロイヤーも3隻セット。
 艦首に魚雷発射管を増設した重雷装艦

 そしてこれが今回のシークレット。デスラー戦闘空母(カタパルト展開)です。
 ノーマル版は甲板にデスラー砲等を展開しているようですが、このシリーズは1BOXにシークレットかノーマルのどちらか1つしか入っていないので、そちらはまだ未確認です。
 まあ、その為だけに買うかと言われると正直微妙なんですが、このシリーズって結構マイナーなのか、アキバのショップやイベントでバラ売りしているのあんまり見ないんですよね。あったら、買ってもいいんだが……

宇宙戦艦ヤマト メカニカルコレクションPart.4 1BOX

宇宙戦艦ヤマト メカニカルコレクションPart.4 1BOX

*1:実際には、「こんなこともあろうかと」と言って磁力メッキを使ったのはコミック版だけなのだが

*2:150mという資料もある