アオイ模型店(お仕事募集中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は模型関係の就職先を募集中

HGBF 1/144 XXXG-00W0CV ウイングガンダムゼロ炎 素組レビュー


 今日はガンダムビルドファイターズ炎トライから、バンダイ HGBF 1/144 XXXG-00W0CV ウイングガンダムゼロ炎の素組レビューです。

 ホビージャパン誌で連載されているビルドファイターズ炎の主役ガンプラ
 主人公コウエン・ユウセイがフジガンプラバトル大会の決勝戦用に投入した機体で、HGACウイングガンダムゼロをベースに、機動性と格闘戦に特化した改造が施されています。
 機体の排熱をプラフスキー粒子で制御する事で、ダメージや推力に転化する「炎システム」を搭載しています。

 設定上はウイングガンダムゼロをベースにしていますが、実際にゼロから流用されているのは一部ABSパーツのみで、全体の8割以上が新規パーツで構成されています。
 流用パーツが大好きな普段のバンダイからはちょっと想像できない贅沢な仕様です。

 赤のクリアパーツは粒子制御および貯蔵用の炎クリスタル。
 基本的にはビルトバーニングと同じシステムのようです。


 格闘戦が主体のため、あまり出番の無いツインバスターライフル。

 背中のウイングのうち、内側の2本は大型の実体剣ハイパーカレトヴルッフになります。

 カレトヴルッフはビームサーベルとしても使えますが、キットにはサーベル用ビーム刃が付属していません。
 なおカレトヴルッフ等を使用する際は、背中のウイングにバスターライフルを固定する事も出来ます。

 通常のビームサーベルは、ゼロ同様シールドの裏側に1本装備されています。

 飛行形態へは完全変形が可能。
 変形機構も原型機と同様のシステムがそのまま使われています。

 組み立ては素組で約2時間。
 突起部分が多いので、弄ってガチャガチャ遊ぶにはあまり向いてないですが、関節やパーツの合いがしっかりしているので、この手のキットにありがちな、パーツがボロボロ外れるような事はありません。
 まあ、その前に積んじゃってるウイングゼロをなんとかしなきゃマズいんですが(苦笑

 以上、HGBF 1/144 ウイングガンダムゼロ炎の素組レビューでした。