アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HG 1/144 MS-06R-1A 高機動型ザクII (ガイア専用機)素組レビュー


 今日は機動戦士ガンダム ジ・オリジンから、バンダイ HG 1/144 MS-06R-1A 高機動型ザクII (ガイア専用機)の素組レビューです。

 F型ザクをベースに、宇宙戦闘に特化した高機動型。
 宇宙空間での機動性は大幅に向上したかわりに、燃料消費が激しく、ベテランパイロットで無ければ使いこなすのは難しかったとされています。

 キットはガイア機とマッシュ機のコンパチ。
 今回は両肩がシールドのガイア機を選択(マッシュ機は左肩がスパイクになっている一般的なザク仕様です)
 基本構造はシャアザクと共通です。

 シャアザクとの変更点その1
 言わずもがなのランドセル。スラスターはボールジョイントで可動。
 白いラインと赤い部分はシール。

 変更点その2。
 赤いポッチと、側面の一部にシールを使用。

 変更点その3。
 シャアザクでは肩に内蔵されていたバルカン砲が無くなっています。

 武装はバズーカに加え、シャアザクと共通の対艦ライフルやヒートホークなどが付属。

 そして、今回新規に追加されたマシンガン。
 あくまでハイパーライフルではなくマシンガンだそうですが、ベルト給弾式の物も存在するそうなので、まだ希望は捨てない(笑)

 組み立ては素組で2時間強。
 シャアザクで慣れているせいか、サクサク組めました。
 最初は2機買ってマッシュ機も一緒に組む予定だったのですか、諸般の事情で次の機会に。
 世の中、いろいろとままなりません。
 可動範囲はHGUCの黒い三連星に比べて大幅に向上していますが、可動重視なデザインは人を選ぶかもしれません。

 以上、HG 1/144 MS-06R-1A 高機動型ザクII (ガイア専用機)素組レビューでした。