アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HG 1/144 YMS-07B-0プロトタイプグフ(戦術実証機)素組レビュー


 今日は機動戦士ガンダム・ジ・オリジンMSD プロトタイプグフ戦術実証機の素組レビューです。

 MSV時代のプロトタイプグフのさらなるバリエーション機。
 旧プロトタイプグフの両腕がザクの物をそのまま流用していたのに対し、この戦術実証機は両腕をアタッチメント化する事で、ヒートロッドやフィンガーバルカン等の運用テストを行っています。

 装甲化されていないランドセルが試作機らしさを感じさせます。

 3連装マシンガン。5連装だった量産型に較べて砲身が2門少ないかわりに、センサーユニットと思しきものが小指の位置に取り付けられています。

 右腕は内蔵式のヒートロッドのみで、手首も無し。
 従来手首がある部分か突き出ているスパイク状のパーツはヒートロッドの先端部分。

 ヒートロッドは収納状態と伸長状態を差し替えで再現。

 軟式パーツなのである程度まで自由に変形させられます。

 アタッチメントの腕パーツ。
 これも差し替え可能。
 差し替え機能は左手にもありますが、手首は右手用しか付属していない為、実質右手にしか使えません。

 ヒート剣はまだ完成していないのか、キットにはヒートホークが付属。

 ヒートホークはシールドの裏側にも格納出来ます。


 組み立ては約2時間。
 グフは毎年のように新作が出ているだけあって、関節などはかなり洗練されており、いじってもかなり遊べます。
 特に、腕の差し替え機構は作っていて面白かったです。