アオイ模型店(リハビリ中)

アキバの外れで模型を売ってる人が、プラモについて好きなことを書いてます

HGUC 1/144 AMX-107 バウ レビュー


 今日は機動戦士ガンダムZZから、バンダイ HGUC 1/144 AMX-107 バウのレビューです。

 今日の積みプラ消化はバウ。
 アナハイムエレクトロニクスから離反した旧ジオン系技術者が持ち込んだZガンダムの技術やダブルゼータのコンセプトを元に開発した、ネオ・ジオン軍唯一の可変合体MS。
 分離した下半身はリモートコントロールが可能で、爆弾を搭載した特攻機として運用される事もあった。
 オレンジ色はグレミー・トトの専用機である。

 ジオン系でありながらZ系MSを彷彿とさせる独特のプロポーション


 空力を考慮した頭部。

 Z系の特徴を色濃く残した腕部グレネードランチャー

 手首はビームーサーベル用の握り手と、ビームライフル用握り手(右手のみ)の2種類が付属。


 バックパックも下半身同様に切り離してミサイルとして使用する事が可能。

 Zプロジェクトの特色であるウイングバインダー。
 可変機には珍しく翼下パイロンにミサイルを搭載しています。

 開発中のコードネームだった「飛龍」のマーキングは、パイロットであるグレミーの趣味。
 マーキングはシールで再現されています。

 なんとか片膝立ちが可能。

 専用ビームライフル
 モード切替で速射も可能。


 ビームサーベルはグリップと一体型の物が1本付属。

 五連装メガ粒子砲を内蔵したシールド。
 分離時は機体下面に装着してフェアリングとして機能します。

 バウ・アタッカーとバウ・ナッターへの変形分離。
 手首以外は差し替え無しで変形可能。

 上半身で構成されるバウ・アタッカー。



 下半身で構成されるバウ・ナッター。



 以上、HGUC 1/144 AMX-107 バウのレビューでした。

HGUC 1/144 AMX-107 バウ (機動戦士ガンダムZZ)

HGUC 1/144 AMX-107 バウ (機動戦士ガンダムZZ)