アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

1/35 M26パーシング 大学選抜チーム メグミ車 レビュー


 パーシング大学選抜仕様もこのメグミ車で、バミューダアタック3両コンプリート。
 今回はタミヤの1/35パーシングを使用しました。

 2002年発売なのでもう14年が経過していますが、安定のタミヤクオリティなのでサクサク作ることが出来ます。
 ただ、可動式サスペンションに若干クセがあるので、そこだけは注意が必要です。

 プラッツやサイバーホビーのキットで劇中仕様を再現するには、フックや牽引ワイヤーを自作する必要がありましたが、タミヤはそれらが付属しているので、取付時に多少加工する程度で大きな手間はかかりません。
 反面、車体とフェンダーを繋ぐワイヤーステーが付属していないので、自作するか、他社のパーシングから移植する必要があります。
 塗装はオリーブドラブ2、デカールはパーソナルマークは公式キットから、大学選抜マークはガルパンデカールvol.4を使用しています。

 主だったメーカーの1/35パーシングを作り比べてみた訳ですが、どれも一長一短。
 あえて言うなら、タミヤをベースに、必要に応じて他社のパーツを移植するのがベータでしょうか。
 今のところ、中隊長デカールはプラッツ公式キットにしか付属していないので、タミヤ+プラッツが最も現実的と思われます。