アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

リアルロボットレボリューション 1/48 ニューレイズナー (レイズナー強化型)


 ワンフェスの準備があるので、今日はちょっと早めに更新です。
 リアルロボットレヴォリューション 1/48 SPTレイズナーに追加パーツを追加したキット……って、そのまんまですね。

 名前は強化型となっていますが、実際には地球でレイズナーをコピーした機体で、レイズナーそのものを強化した訳ではありません。
 ゴツゴツした追加パーツも、地球の技術では洗練された形でのバージョンアップが出来なかったと解釈するべきでしょう。

 主な変更点は、頭部アンテナのディテール変更。
 鶏冠部分の形状変更。

 肩部スラスターの追加、ならびに大型化。

 バックパックスラスターの強化。

 一番判りやすい変更点である、胸部スラスターの増設。

 脚部エアインテーク、並びに膝部分の形状変更。

 脚部スラスターも大幅に増強されています。

 レイ! V−MAX発動!!
 レイズナーのように、基本が空中/宇宙戦闘なキットでは、アクションベースは本当に必需ですね。


 指は一番複雑な可動部分だから殴ったりするんじゃない! って昔岸田博士が言ってたなぁ

 脚部カーフミサイル。

 展開したカーフミサイル。

 おまけの同スケールフィギュア。
 左からジュリア、エイジ、アンナ、メカゴステロ


 強化型レイズナーがキット化された事は喜ぶべき事なんだろうけど、


 元となったレイズナーのキット同様、作画準拠でも無ければ設定準拠でもなく、そのくせ中途半端にMGテイストという、どの層がターゲットなのかよく判らないキット。
 非常に悲しい話しですが、売り上げは驚くほど悪く、装甲騎兵ボトムズ プラスチックモデルキット 1/20 スコープドッグで盛り返さなかったら、R3というブランド自体がウォーカーギャリアを待たずに消滅しかねない程でした。
 根強い固定ファンがモデラーに多いボトムズのような作品ならともかく、レイズナーではこの価格帯は辛かったかもしれませんね。