アオイ模型店(お仕事募集中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は模型関係の就職先を募集中

タミヤ 1/35 チャーチル Mk.VII レビュー


 今日はタミヤ 1/35 チャーチルMk.VII歩兵戦車のレビューです。

 イギリス軍の歩兵支援用戦車、そして聖グロリアーナ女学院のフラッグ車。
 並大抵の砲撃ではビクともしない重装甲と、あらゆる地形を物ともしない走破性を持つ反面、機動性と火力は非常に低く、歩兵支援ではともかく、対戦車戦闘では他国の主力戦車に及びません。
 「どんな相手にも全力を尽くす」とか言いながら、対戦車戦闘向きとは言えない戦車を持ってくる辺り、ダージリンさんもなかなか(苦笑

 キットはタミヤ中期の良作。
 デカールはモデルカステンのガルパンデカールを使用しています。



 主砲と車体の機銃は可動。
 各部ハッチは開閉選択式。


 ガルパン仕様への変更点その1
 車体後部右側のラックには、キット付属のガソリンタンクではなく、左側のラックの物と同じオイルタンク?を載せる。
 追加分のオイルタンクは部品請求で入手して下さい。

 車体後部のハンマーやバール等の車外装備品を取り除く。
 装備品固定用の穴はパテ等で埋めて下さい。

 ダージリンさんは友人製作の物を使わせて頂きました。
 転輪が多くてちょっと面倒な感じがしますが、パーツ数そのものは少なく、手の込んだ改造も必要ないので、初心者でも無理なく組める良いキットです。

 以上、1/35 チャーチルMk.VII 聖グロリアーナ女学院仕様のレビューでした。