アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

HGBF 1/144 クロスボーンガンダム魔王


 今日はガンダムビルドファイターズから、バンダイHG 1/144 ガンダムX魔王です。

 X魔王を失ったマオくんが、最終決戦で使用したガンプラ
 クロスボーンガンダムをベースに、胸部にサテライトキャノン、背中のXスラスターに受信用パネル機能を持たせるなど、ガンダムXの機能を大幅に取り込んでおり、モックの大部隊を相手に、その大火力を遺憾なく発揮しました。
 なお、現実世界ではまだHGのクロスボーンガンダムは発売されておりません。


 ドクロの奥に仕込まれた胸部スカルサテライトキャノン。
 ドクロの上半分がスライドして発射体制となります。

 魔王のオリジナル武装 クロスボーンガン&ソード。
 ビームサーベルビームライフルの機能を併せ持ち、スターピルドストライクとエクシアアメージングとの決戦際にはビルドストライクも使用しています。

 背中のビームサーベルは隠し腕に直接固定されています。

 手持ちのビームサーベルは通常のHGサイズですが、隠し腕のサーベルはMGの物を流用しています。

 劇中では登場しないのに、何故か付属しているザンバスター。
 設定通りビームザンバーとバスターガンへ分離可能。


 せび次は、師匠譲りの蹴り技を披露して頂きたいところです。

 サテライトキャノンを内蔵した関係でコアブロックは割愛されています。

 元々ギミック満載のクロスボーンガンダムがベースだけあって、武装やギミック満載。
 武装に合わせて手首が複数付属しているので、この手のキットにありがちな武装の保持力の問題もありません。
 シールもリフレクター部分とカメラ関係が主で、塗り分けはパーツ分割でしっかり再現されています。
 X0、1、2、3、フリント、そしてフルクロス、フルアーマー、スカルハート、パッチワークと機体のバリエーションが多いクロスボーンだけに、パーツ分割とランナー構成は慎重にされている印象を受けました。


 現状ではクロスボーンそのもののキット化は発表されていませんが、5月のホビーショウで発表される事を期待して待ちましょう。