アオイ模型店(求人活動中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

ミラージュホビー 1/35 7TP JW ボンブル高校仕様レビュー


 今日はガールズ&パンツァー リボンの武者から、ミラージュホビー 1/35 7TP JWボンブル高校仕様のレビューです。

 英国のヴィッカース6トン戦車をベースに、ポーランドが独自開発した軽戦車。
 7TP(ポーランド7トン戦車)という名前の通り、ベースとなった6トン戦車に較べて重量が増加していますが、その分エンジンや装甲は強化されています。
 もっとも、実物の重量はタンカスロンの参加規定ギリギリである9.9トンまで増加していたようです。
 性能的には世界標準レベルでしたが、車両数もが少なく戦術面でもドイツに大きく劣っていた当時のポーランド軍は、戦車戦力を有効に使うことが出来ず、ドイツ、そしてソビエトに国土を分割占領される事となります。

 タンカスロンの王者、騎士団長ヤイカ率いるボンブル高校の主力戦車
 前述のとおり、タンカスロンに参加できる戦車としてはほぼ最大サイズ。
 なんだかんだ言いつつも、重量がモノを言うのは戦車道もタンカスロンもかわらないようです。
 原作でのカラーリングは不明の為、キットの箱絵を参照してグリーン単色で。
 タンカスロンだと校章を描いていない学校が多いのですが、さすがにそれでは味気ないので、砲塔側面にガルパンデカール2のポンブル高校校章を貼ってあります。

 キットは戦車と同じポーランドのSpojanというメーカー製の1/35キット。
 ただし、このメーカーは既にプラモデルから手を引いているらしく、現在は同じポーランドのミラージュホビーが生産を引き継いでいます。
 パーツが少なく、よく言えばシンプル、はっきり言えばかなり大雑把な作りですが、パーツ同士の合いは意外としっかりしており、あまりディテールにこだわらなければサクっと組むことが出来ます。
 中古市場にもそこそこ出回っており、輸入代理店のリストにも載っている*1ので、海外キットにしては比較的入手が容易な方だと思います。


 以上、ミラージュホビー 1/35 7TP JW ボンブル高校仕様のレビューでした。

1/35 ポーランド・7TP戦車 双砲塔

1/35 ポーランド・7TP戦車 双砲塔

*1:2015年7月現在