アオイ模型店(病気療養中)

アキバの外れで模型を売っていた人です(過去形) 現在は病気で自宅療養中。

バンダイ 1/1000 地球連邦宇宙戦艦ゆうなぎ艦隊セット

f:id:type97:20181010194000j:plain

そんな訳でテレビ放映が始まりました宇宙戦艦ヤマト2202。

まあ、いろいろと言いたいことはありますが、プラモに積み罪なしなのでガンガン行きますよ。

2202の冒頭、古代くん達の乗艦として登場したゆうなぎ。前作では新型軽巡洋艦だったゆうなぎですが、本作では国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セット1の使い回し旧式の金剛型に波動エンジンなどの近代化改装を行った艦として登場。

f:id:type97:20181010194631j:plain

金剛改型宇宙戦艦ゆうなぎ。

艦首ショックカノンは36サンチから46サンチに大型化。

波動砲にしなかったのは、この時点では地球側もイスカンダルとの条約を反故にする決断が出来ていなかったからのようで、土星沖海戦に登場した改Ⅱ型は波動砲を搭載しています。

3基のレーザー砲塔は全てショックカノンに、魚雷発射管も冥王星沖海戦でゆきかぜが使用していた新型魚雷に更新しており、波動エンジンによるワープ航法や波動防壁により、ガミラスやガトランティス巡洋艦駆逐艦と十分に渡り合える性能を持っています。

にもかかわらず、全く外見が変わっていないのは、ある意味驚き。作画や金型設計期間の短縮や生産ラインの流用がそれほど重要視されたという事なんでしょうね。

まあ、同盟を結んだガミラスはともかく、ガトランティスを始めとする異星文明の存在をヤマトから伝えられている状況では致し方ないところでしょうか。

劇中では、濃紺と水色の二色塗装以外に、水色とグレーの艦が複数確認できます。

2199の時は小さく描かれていた国連宇宙軍のマークが大きく描かれるのも特徴ですが、水転写デカールなので、今回のような素組だとヘタに貼れないのが残念。

f:id:type97:20181010195918j:plain

村雨改型宇宙巡洋艦イントレピッド。

金剛改型と同様、波動エンジンを搭載し艦主砲を20サンチから28サンチに、連装レーザー砲塔をショックカノンに強化した近代化改装艦。8番浮遊大陸奪還作戦では、数の上での中核を構成していました。

元々「さらば宇宙戦艦ヤマトに登場する巡洋艦護衛艦などにつながる」事を意識してデザインされたそうですが、まさかそのまま登場するとは思いませんでしたね。

イントレピッドは病院船で濃紺のストライプ塗装ですが、一般の村雨型は、旧塗装に近い上面がグレー、下面が赤に塗り分けられています。

まあ、それはそれとして、病院船を後方に待機させず最前線に立たせちゃうのはいかがなものかと?

f:id:type97:20181010202530j:plain

磯風改型宇宙突撃駆逐艦TB-107

他の2隻と同様、波動エンジンを搭載した近代化改装型。

かつては固有の艦名が定められていましたが、今回からは番号のみになっています。

TBはおそらく魚雷艇の略。

さすがに80メートルしか無いボートに毛が生えたような小型艇を大量投入するのは気が引けたのか、8番大陸奪還作戦に投入されたのはTB-100からTB-109までのわずか10隻のみ。恐らくは哨戒や連絡などの補助任務に当たったのではないかと思われます。

ただし、実際に劇中には1隻のみ。背景の奥の方に小さく描かれているだけのため番号などははっきりしません。キットは107番艦という事になっていますが、デカールは10隻分全て付属しているので、どれでも再現できます。

f:id:type97:20181010204944j:plain

キリシマとの比較。シールの艦名がカタカナから漢字に変わっているのが最大の変更点?

正直このキットが出た時は「おいおい、いきなり使いまわしかよ」とか思ったものですが、まさか使いまわしキットしか出ない地獄が始まるとは誰が予想したでしょうか?

せめてメカコレだけでも、使いまわしじゃなしに、2199と同じくらいのペースと熱心さで出してくれないですかね……

 

1/700 地球防衛軍艦隊 パトロール艦 ゆうなぎ (宇宙戦艦ヤマト)

1/700 地球防衛軍艦隊 パトロール艦 ゆうなぎ (宇宙戦艦ヤマト)

 
1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セット1 (宇宙戦艦ヤマト2199)

1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セット1 (宇宙戦艦ヤマト2199)